lgf01a201404011500

ソーシャルスキルトレーニング(SST)を行う塾が増加

小学校入学を前に、発達に課題のある子供を対象に対人コミュニケーションなどの社会性を育むソーシャルスキルトレーニング(SST)を行う塾が増えています。発達障害(学習障害や注意欠陥・多動性障害など)の診断を受けた子供に限らず、集中して話を聞けなかったり集団行動が苦手だったりなど、小学校生活に不安のある子供にも対応しており、利用が広がっています。

SSTとは、感情と行動をコントロールする方法を身につけ、学校や日常生活の中で、友人との関係性を良好に保てるように、遊びやゲームを用いて訓練するものです。

(掲載元:OVO [オーヴォ])

MORE…